吉野山の桜の見頃はいつから?ライトアップされる桜が綺麗!

スポンサードリンク

吉野山は奈良県の中央にある山です。

平安時代より日本有数の桜の名所として知られてきました。

春になると3万本というめったにみられないほどの桜が山を覆いつかします。

古くから桜で知られてきた吉野山は歴史上の登場人物や出来事などと関わりもあり、

豊臣秀吉が5千人ほど引き連れてお花見をしたと言われています!

吉野山

現在ではお花見といえば名所といわれる場所はたくさんありますが、

近代になってから整備したり、お花見として楽しむために新しく植樹や

管理をしたりしているところがほとんどです。

 

吉野山の桜の歴史

しかし、1000年以上もの古く昔からたくさんの桜が咲き誇る吉野山は

山岳宗教と関わりがあり信仰の桜として、大切にされてきました!

当時は山々に神が住むと言われていた時代ですので

吉野山は神仙が住む理想郷などとして認識されていたそうです!

 

その後に飛鳥時代に活躍した呪術者の役小角が蔵王権限を獲得し、

桜の木に刻んで祀ったことから「御神木」としてふさわしいとして扱われていたようです。

その後金峯山寺への参詣が盛んになったこともあって献木として

植えられ続けられたそうです!そんなエピソードもあり

パワースポットとしても人気な場所です。

スポンサードリンク


吉野山には歴史にまつわる名所も多く世界遺産に登録された場所もいくつかあります。

「蔵王寺」や「吉永神社」等々ですね!

国立公園として自然に恵まれている吉野山は桜の季節以外にも一年を通じて

美しい自然や景色が楽しむことができるでしょう。

吉野山に佇むそれぞれの歴史ある名所でも桜を楽しむことができるので、

山全体が薄紅色にそまる姿はまさに絶景と言えるでしょう。

 

吉野山のライトアップポイントは?お花見が楽しめる時期は?

Cherry blossoms at the Yoshinoyama 01

さらに春の桜の時期は4月上旬からはじまり、3万本ほどある桜の木は、

ロープウェイ周辺が「下千本」

如意輪寺付近は「中千本」

吉野水分神社付近が「上千本」

さらに奥まったところにある西行菴一帯でを奥千本と呼ばれ、

4月下旬まで約3週間ほど楽しむことができます!

 

4月4から29日までは吉野山全体のさくら祭りやライトアップが始まります!

その他にも吉野山のそれぞれの名所では桜の季節にちなんだ行事も行われます。

 

吉野山のライトアップは「下千本」エリアの七曲坂、

「中千本」エリアのごろべえ茶山、

「上千本」エリアの花矢倉展望台付近で行われているそうです!

ライトアップは3月30日から4月29日まで行われているようです。

夜10時まで行われているライトアップは昼前とは違う綺麗な桜の景色を楽しめるようです!

コメントを残す