インフルエンザb型が流行?症状は下痢と吐き気?

スポンサードリンク

2015年のインフルエンザはb型が流行しています。

b型の大きな特徴は消化器系に大きなダメージを与える事です。

熱がある上、吐き気・嘔吐・腹痛・下痢と言った症状です。

素人には食中毒との区別が全くつきません。今年はb型が流行しています。

infuru

しかしa型も流行していない訳ではありません。高熱が特徴のa型。

非常にこちらも、特効薬『タミフル』を飲むまでは安心出来ません。

『タミフル』を飲んだからと言って絶対に熱が下がる確約はありません。

しかし、病院で医師の診察を受け、インフルエンザの検査を受け陽性反応が出て、

薬を処方されれば気持ち的には少しは楽になるでしょう。

スポンサードリンク


a型とb型の違いって?

a型は高熱がメインです。38度から40度の非常に高い熱が出ます。

熱が上がっている時は、悪寒もするので、非常に辛いです。

また、とにかく熱が高いので、病院に行くのも大変です。

救急車を場合によっては呼んでもいいケースがあります。

 

インフルエンザで救急車呼ぶなと言う方もいるかも知れませんが、

それはその人がインフルエンザa型の辛さを全く知らないからです。

infuru8

一方のb型は熱はそれ程高くはないのですが、消化器疾患が起ります。

吐き気・嘔吐・腹痛・下痢等がb型の特徴です。

治療としては、内服薬も処方されますが、病院に到着した時点で、

かなり脱水症状を行き起している事が考えられます。

 

その為、点滴で吐き気止めと、補液を行う病院が多いです。

点滴の補液は、生理食塩水やソリタ等です。

経口摂取が難しい状況が考えられるので、この様な点滴治療を行います。

脱水症状が余りに激しい場合は入院加療になるケースも珍しくありません。

 

今年は何故b型が流行?

インフルエンザの流行は毎年型は決まっていません。

その為、今年はb型が流行しています。

 

a型もb型も毎年順番に流行するのかと言うとそういう訳ではありません。

a型が3年連続で流行する年もあります。その年によって流行は違います。

また隣国の流行も関係しています。今年はb型が流行しています。

理由は上記を参考にしていただければと思います。

まとめ

2015年はb型インフルエンザが流行しています。

毎年b型が流行するとは限りません。

a型とb型ではa型の方が流行する年が多いようです。

 

まずはインフルエンザにかからない為には、

インフルエンザワクチンを接種しておきましょう。

そしてこまめに手洗いやうがいを敢行し、

部屋の空気の入れ替えも定期的に行いましょう。

コメントを残す