インフルエンザ後は口内炎がよくできる原因って何?

インフルエンザが治った後の口内炎って凄く嫌ですよね。

せっかくインフルエンザが治ったと思ったら今度は口内炎。

原因は、免疫力が落ちている状態なので口内炎になりやすいのです。

 

現代型免疫低下を調べるにはチェックシートがあり、

一定の数値に達すると、現代型免疫低下と診断されます。

診断というよりも自己診断の形ですが、

それでも免疫力が下がっているのがわかれば、警戒するようになります。

kounaien

免疫力を上げる

インフルエンザ後の口内炎を防ぐには免疫力を大幅に上げる必要があります。

1番手軽な免疫力の上げかたとしては、食物繊維が豊富な食べ物を多く取る。

また、食物繊維豊富な飲み物をたくさん飲む。

食べ物の対応策で1番簡単なのは上記の通りです。

スポンサードリンク


そして良質な睡眠を取る事。良い睡眠が取れれば、免疫力もおのずとあがります。

この2つの方向から免疫力を上げましょう。

口内炎防止に一役買ってくれますし、健康に好い食べ物なので一石二鳥です。

 

インフルエンザにかかった時点で免疫力はかなり下がっているので、

先ずはそこから、免疫力の回復を狙います。

上手く行く人と上手くいかない人とわかれると思います。

しかし、上手く行く人の方が圧倒的に多いと思います。

 

口内炎はインフルエンザのサイン

 

infuruenza

インフルエンザ後に口内炎になる人が多いですが、

口内炎になると言う事は、免疫力が落ちていると言う事です。

この状況だと口内炎になる確率は自然と上がります。

インフルエンザ後の口内炎が注目されていますが、

インフルエンザになる前に口内炎になる人も多いです。ここがポイントです。

 

口内炎は免疫力が下がった時になりやすいです。

その為、何も口内炎になった後に、しないで放置しておくと、

インフルエンザにかかる確率が上がります。

インフルエンザ→口内炎の逆パターンです。

口内炎→インフルエンザこの様な方程式が成立します。

逆パターンも十分に警戒して下さい。

 

まとめ

インフルエンザ後の口内炎は免疫力の低下によるものが殆どです。

それとは別にインフルエンザにかかる前に口内炎になる逆パターンもあります。

どちらも原因は免疫力の低下が引き起こすものです。

 

免疫力を上げるのには、食物繊維の多い食べ物を食べ、

食物繊維の多い飲み物を飲む。これで免疫力はかなりあがります。

また良質な睡眠を取る事によって、免疫力を高める事が出来ます。

逆に不規則な食事や、不規則な睡眠は免疫力を下げてしまいますので注意しましょう。

コメントを残す