口内炎になる原因はビタミンB2が不足しているから!

スポンサードリンク

口内炎って地味に痛いですよね。

口内炎になる原因はビタミンが不足が主な原因です。

特にビタミンB2不足が、大きな要因の一つです。

口内炎は予兆が全く無くなります。

 

口腔内の独特の口腔内の違和感。これは口内炎にはつきものです。

口内炎になってしまったら、完治するまでは我慢しましょう。

kounaiennn

俺ほど、耐え難いほどの痛みはありません。但しかなり口腔内に違和感は残ります。

ここだけは口内炎になった人が避けて通れない道です。

ビタミン不足が原因なんだから、ビタミンを取れば良いのでは?

そう思った方も多いと思います。

 

全くその通りで、ビタミンをたくさん含む果物が非常に効果的です。

食べて1時間では効果は流石に出ませんが、

夜寝る前に果物を食べれば、翌朝には効果が少しは出ていると思います。

ビタミン不足にはビタミンで返す。これが大原則です。

 

ビタミンが足りないのであれば、単純に、ビタミンをしっかりと補充するまでです。

それ以上の事もそれ以下の事も必要ありません。しっかりとビタミンを取って下さい。

スポンサードリンク


病院での診察

sinsatu

口内炎で病衣に行く人も多いです。多くの方が内科に行きます。

内科でも十分対応可な疾患です。

病気になった時、殆どの人は内科を受診する傾向にあります。

内科では、専門性の高い病気と判断された場合、その他の科にカルテが回ります。

例えば、急性膵炎の場合であれば内科から消化器内科にカルテが回ります。

 

今回の口内炎のケースの場合は耳鼻咽喉科にカルテが回る形になります。

口内炎は実は専門性の高い病気の一つの為、

専門的に見る為に耳鼻咽喉科で大きな病院の場合は診察を受ける事になります。

耳鼻咽喉科がない病院の場合は内科に医師が診療に当たります。

 

診察は先ず、口腔内の口内炎の出来ている場所をチェックします。

一般的には対処療法で、抗生物質と、内服薬。

そして患部に塗る薬の3種類が処方される事が多いです。

 

また耳鼻咽喉科では口内炎を繰り返し発症する人の為に、

レーザー治療を行っている所が多いです。レーザーで完全に焼いてしまう方法です。

 

まとめ

bitamin

口内炎の原因の殆どが、ビタミン不足からなるものです。

普段の食生活で果物等を多く食べる様に心がけ、

ビタミン不足の症状を作らない事が大切です。

ビタミンを取らないと、どうしての口内炎になりがちです。

これは人の体質によるものもあります。

 

ビタミンを取らないと直ぐに、口内炎になる人とそうでない人がいます。

完全に体質による問題です。なる人は直ぐになりますし、ならないい人はなりません。

コメントを残す