ダイヤモンド4Cを分かり易く説明!優先順位は?

スポンサードリンク

ダイヤモンドの魅力は一体どこにあるのでしょうか?

ダイヤモンドと聞くとどうしても高価な品物と言う印象が強く、

高嶺の花と諦める人もいる程です。確かにダイヤモンドは高いです。

しかしそのダイヤモンドの宝石を買うのなら、貯金をしてお金を貯めるのが一番です。

daiya

ここで絶対にしてはいけなのが、消費者金融等からお金を借り

ダイヤモンドの宝石を買う事です。借金をしてまで買う物ではありません。

自分の与えられた以上の仕事をして、お金を増やす努力が必要です。

ダイヤモンドの魅力は何と言ってもあの輝きでしょう。

 

他の宝石も綺麗ですがダイヤモンドの輝きは頭1つ完全に抜けています。

その為高級品のダイヤモンドを借金をしてまで買ってしまう人がいるのです。

ダイヤモンドの、魔力に引き寄せられる人は多いです。

ダイヤモンド。女性なら1度は憧れる物です。

スポンサードリンク


全く宝石に興味のない人が多いのも意外な結果です。

ダイヤモンドもルビーも所詮同じ指輪や宝石と考える人も少なくはありません。

確かにルビーも有名な宝石でし。【ルビーの指輪】と言う大ヒット曲がある位です。

ダイヤモンドもプリンセス・プリンセスが歌ったヒット曲があります。

daiyamondd

話は少し逸脱しましたが、ダイヤモンドが宝石の横綱だとしたらルビーは大関です。

この横綱と大関の差は非常に大きな物があります。

ダイヤモンドは非常に魅力のある宝石で

ダイヤモンドを触るには白い手袋をしないと触る事ができません。

 

ダイヤモンド4C

ダイヤモンド4Cはカラー、クラリティ―、カラット、カットの4点から評価されます。

その評価された物がダイヤモンド4Cになります。

daiyamond

◆カラー

マスターストーンを標準に判定されます。無色に近い程、その評価は高くなります。

逆にイエローがかかっている程、評価は下がります。

但し、ダイヤモンドにはカラータイやモンドがあり、ピンクやブルーなどがあります。

 

これらのカラーダイヤモンドは高く評価される傾向にあります。

ダイヤモンドにも色々あるのですね。

全部同じと思っていましたが、そこが素人の弱い所ですね。

プロの鑑定人の事なら朝飯前の仕事です。

 

基本的な、ダイヤモンドの色の評価は高い順に、

無色透明→ほぼ無色→かすかな黄色→非常に薄い黄色→薄い黄色

この順番でダイヤモンドの評価が決まります。全てが同じ色ではないのですね。

 

調べてみて初めて知りましたが、非常にダイヤモンドに関して勉強になります。

速い話。無色透明な程取引価格が高く、色が黄色の程安いと言う事です。

カラーダイヤモンドは例外です。

◆クラリティ

クラリティ発明度を指します。全部で11段階の透明度があります。

FL:10倍に拡大しても内部・外部ともに内包物が見つけられないから、

I:内包物が肉眼で容易に発見できるまであり当然FLの方が評価は高く、

Iが一番評価が低い事になります。

 

◆カラット

カラットが重さで測られます。石の重さで1カラット0.2gからです。

小数点第2位か第3位まで表示されます。

 

◆カット

人の手で唯一評価されます。

ラウンドブリリアントカットだけが、カットに関して評価されます。

ダイヤモンドもこんなに細かく分かれているのですね。

正直ダイヤモンドは単純に一種類の物と思っていましたが、

こんなに細かくわかれているとは正直驚きました。

ダイヤモンド4Cって何かな?と不思議に思ってましたが納得しました。

 

4cの優先順位は?

 

daiyamondo

カット→カラット→カラー→クラリティの順番で優先順位がつけられます。

ダイヤモンドは元々価格が高いですから、

カットで選ぶのが1番良いと言われています。

ダイヤモンドは綺麗に輝くのが最大の特徴です。

 

透明度の高い質の高いダイヤモンドであれば、少し磨けば物凄く綺麗になります。

カラットで選ぶとお金がかかるので、カットで選ぶのが良いです。

特に予算が高くなっても良いと思っている人は

カットに固執する必要は全くありません。

 

◆まとめ

ダイヤモンド4Cにはこれだけ細かくわかれていて、先ず驚きました。

4Cは4つのCからなるものなんですね。

ダイヤモンドの感覚からすると、ダイヤモンドは採掘してきて、

綺麗にカットしているものだとおもっていました。

所がいざ調べて見ると色々な物がたくさんありました。

 

ダイヤモンド4Cってなんだろう?最初は疑問からのスタートでした。

ダイヤモンドに色があり色によって、評価が違う事がわかりました。

ダイヤモンドは全て無色透明だと思っていました。

所が、無色透明な物がとても評価が高く、濃い黄色だと

評価が低いと言うのも不思議にかんじました。

 

それは、カラーダイヤモンドの存在です黄色に近いダイヤモンドが評価が安いので、

カラーダイヤモンドも評価が低いのかと思いましたが、

カラーダイヤモンドは流石に別格でした。

カラーダイヤモンドの評価が非常に気になったのですが、

カラーダイヤモンドは流石に評価が高い物でした。

ダイヤモンドと一言で言っても色々のダイヤモンドがあります。

コメントを残す