歴代jリーグ選手の年俸ランキング!ベスト11を発表!2015年版

スポンサードリンク

2015年も本格的に動き出し、いよいよJリーグもシーズンとなって来ています。

ここで歴代jリーグ選手の年俸ランキング!ベスト11を発表!

2015年版と言う事で2014年内のjリーグの年俸のベスト11を行ってみたいと思います。

 

とは言え、同着の方が多いので、

ベスト11と銘打ちながらも14人いるという結果になりました。

soccer

 

確認ですが、同じ年棒の選手もいるので、同じランキングの選手が被っています。

そこは注意してご覧ください!(*´ω`*)

 

第1位:ディエゴフォルラン

s1

ウルグアイ代表FWのディエゴフォルラン選手です。

所属チームはセレッソ大阪、1979年生まれの35歳、

通算26試合7得点で年俸3億4650万円となっています。

 

フォルラン選手はリーガ・エスパニョーラ在籍中に得点王を2度獲得しています。

ワールドカップの南アフリカ大会においては得点王とMVPとなっています。

 

しかしセレッソ大阪が2014年にJ2降格が決まり、

フォルランは7月までの契約更新の際には再び

J1昇格を目指す事を宣言していました。

 

スポンサードリンク


第2位:マルキーニョス

marukinyosu

ブラジル出身のFWマルキーニョス選手です。

所属チームはヴィッセル神戸、1976年生まれの38歳、

通算318試合149得点で年俸1億5000万円でした。

 

マルキーニョス選手はリーグ最優秀選手賞とJリーグ得点王

そしてJリーグベストイレブンを獲得しています。

2015年も残留、安定感のある強さを見せつけています。

通算得点は歴代2位、今年も頑張って欲しいですね。

 

第2位:遠藤 保仁

endou

鹿児島出身のMF遠藤保仁選手です。

所属チームはガンバ大阪、1980年生まれの35歳、

通算469試合93得点で年俸1億5000万円でした。

 

アジア年間最優秀選手賞、Jリーグ最優秀選手賞、Jリーグベストイレブン、

J2MostExcitingPlayerなどを獲得しています。

2014年は出ずっぱりで酷使されている印象であったものの

その期待を背負って大きな怪我もなく役割を果たしています。

2015年も引き続き期待の選手となっています。

 

第2位:田中 マルクス闘莉王

tanaka

ブラジル出身のDF田中マルクス闘莉王選手です。

所属チームは名古屋グランパス、1981年生まれの33歳、

通算358試合70得点で年俸1億5000万円でした。

 

田中マルクス闘莉選手はJリーグ最優秀選手賞、長年連続しての

Jリーグベストイレブンに選ばれています。

2015年には2シーズン連続してのキャプテンとなり、益々の活躍を期待されています。

 

第5位:中村 俊輔

nakamura

神奈川県出身のMF中村俊輔選手です。

所属チームは横浜F・マリノス、1978年生まれの36歳、

通算300試合61得点で年俸1億3000万円でした。

 

中村俊輔選手は、Jリーグ最優秀選手賞、Jリーグベストイレブンを獲得しています。

2014年12月にはJ1通算300試合出場記念グッズが販売されました。

まだまだ目が離せない選手ですね。

 

第6位:中澤 佑二

nakazawa

埼玉県出身のDF中澤佑二選手です。

所属チームは横浜F・マリノス、1978年生まれの36歳、

通算469試合、31得点で年俸1億2000万円でした。

 

中澤佑二選手はJリーグ最優秀選手賞、

Jリーグベストイレブン、Jリーグ新人王を獲得しています。

2015年1月に2014年10月に急逝された

元日本代表MF奥大介氏の追悼試合を行って仲間へのはなむけとしていました。

 

ボンバーヘッドと呼ばれ親しまれていた中澤佑二選手は

サッカーを心から愛する一人としてまだまだ頑張って欲しいですね。

 

第6位:ペドロ ジュニオール

pedoro

ブラジル出身FWペドロジュニオール選手です。

所属チームはヴィッセル神戸、1987年生まれの28歳、

通算77試合、28得点で年俸1億2000万円でした。

 

ペドロジュニオール選手は多くのチームを渡り歩いた経験を持ち、

得点力の高い選手と目されています。

相手選手はどうやってゴール前のペドロジュニオール選手を止めるかが課題となっています。

益々の活躍が期待される選手です。

 

第8位:今野 泰幸

konno

宮城出身のDF今野泰幸選手です。

所属チームはガンバ大阪、1983年生まれの32歳、

通算326試合、36得点で年俸1億1000万円でした。

今野泰幸選手はJ2MostExcitingPlayerを獲得しています。

 

日本代表では遠藤保仁選手と共に2ボランチとして

仲間を徹底的にサポートする活躍を見せてくれました。

中盤の頼もしい選手です。

 

第9位:ジョシュアケネディ

josyu

オーストラリア出身のFWケネディ選手です。

所属チームは名古屋グランパス、1982年生まれの32歳、

通算133試合、64得点で年俸1億円でした。

 

ケネディ選手は2年連続Jリーグ得点王と

2年連続のJリーグベストイレブンを獲得した選手です。

残念ながら2015年にはオーストラリアAリーグの

メルボルンシティへと移籍する事が決定しています。

素晴らしいプレイをありがとうございました。

 

第9位:マルシオ リシャルデス

marusio

ブラジル出身のMFマルシオリシャルデス選手です。

所属チームは浦和レッズ、1981年生まれの33歳、

通算205試合、55得点で年俸1億円でした。

マルシオリシャルデス選手は、Jリーグベストイレブンに1度輝いています。

故障が影響したのか2014年を最後に退団してしまいました。

 

第9位:阿部 勇樹

abe

千葉出身のMF阿部勇樹選手です。

所属チームは浦和レッズ、1981年生まれの33歳、

通算435試合、64得点で年俸1億円でした。

 

阿部勇樹選手は、3年連続のJリーグベストイレブンと

ナビスコ杯ニューヒーロー賞を獲得しています。

2014年はあと一歩の所で優勝を逃し悔しい思いをした阿部選手、

2015年はきっと雪辱に燃えて活躍してくれる事でしょう。

 

第10位:中村 憲剛

nakamurakengo

東京出身のMF中村憲剛選手です。

所属チームは川崎フロンターレ、1980年生まれの34歳、

通算309試合、47得点で年俸1億円でした。

 

中村憲剛選手は5年連続Jリーグベストイレブンを獲得しています。

2014年末に左足首の手術を行い、経過を心配されていました。

2015年早々にはVS嵐に出場、完治したらまた活躍して欲しいですね。

 

第9位:ファビオシンプリシオ

fabiosin

ブラジル出身のMFシンプリオ選手です。

所属チームはヴィッセル神戸、1979年生まれの35歳、

通算68試合、10得点で年俸1億円でした。

シンプリオ選手は残念ながら2014年末で契約が終わり退団となります。

 

第9位:ドゥトラ

dolutora

ブラジル出身のDFドゥトラ選手です。

所属チームは横浜Fマリノス、1973年生まれの42歳、

通算209試合、9得点で年俸1億円でした。

 

41歳で現役プレイヤーとして鉄人と呼ばれていたドゥトラ選手ですが、

とうとう2014年の7月に現役引退をしました。

鋼の体を持つ衰えを知らない選手としてファンに愛され、

素晴らしい試合を見せてくれました。ありがとうございました。

 

データと感想

2014年のJ1選手の平均年俸は2217万円となっています。

高い年俸の選手にはチームの大きな期待と感謝が垣間見えるようですね。

日本サッカー界もたくさんの問題と大きな期待を背負っていますが、

今後も世界の強豪と堂々と戦える選手を育てて欲しいと思います。

コメントを残す