イチゴ狩りの得する一番美味しい時期はいつ?イチゴ好き必見!

スポンサードリンク

イチゴ狩りって想像しただけで楽しくなってきます。

茎をちょっとつまんでプチンと折る。

あま~い匂いを楽しみながら、パクッと一口。

口の中に広がる香りと甘さ。

想像しただけで、もうたまりませんね!

 

そんなイチゴ狩りですが、ちょっと気になることがあったのです。

イチゴの旬は本来春から夏にかけてです。

ところが、イチゴ狩りの時期は冬。

itigo

あれ?どっちが美味しいのだろう?

イチゴ狩りの一番美味しい時期はいつ?

気になったのでいろいろ調べてみました。

 

で、いくつか発見があったので、

あなたにもお伝えしたいと思います。

 

イチゴ狩りの一番美味しい時期はいつ?

itigog

イチゴ狩りの美味しい時期はテレビなどでよく聞きますが、

冬と言われています。

1月から2月にかけてが一番美味しい。

 

じつはこれ、ハウス栽培で促成栽培が行われているから

冬でも美味しく食べられるようになったのです。

1月になると、スーパーなどの果物売り場にイチゴがたくさん並びます。

これらは全てハウス栽培物なのです。

 

露地物と呼ばれる自然に栽培されたものは、

3月から5月が一番美味しい時期になります。

露地物 温室や温床などの特別の設備を使わず

露天の耕地で作物を栽培する農法。

 

つまり、イチゴには美味しい時期が2回あることになります。

スポンサードリンク


では?どちらがいいの?

itigouma

ハウス栽培か、露地物か、どちらのイチゴ狩りを選ぶのがいいのか?

こんな疑問が湧いてきます。

私が調べた上での結論から言うと、ハウス栽培の1月から2月です。

 

ハウス栽培のメリットは、

  • たくさんのイチゴの種類がある
  • とても甘い
  • 寒い時期なのでイチゴが冷えていて美味しい

この3つがあります。

 

イチゴ園によっては2種類、

大きな所では3種類以上のイチゴの食べ比べができる所があります。

品種改良も進み、とにかく甘いイチゴが多くなりました。

イチゴ自体の甘さのばらつきも少ないので、当たり外れも少ないです。

 

さらに、冬という寒い時期ですから、

イチゴ自体が冷えていてとても美味しくいただけます。

その上、粒の大きな物が多いのも満足感が高いです。

 

寒いのはちょっとと考える方もおられると思いますが、

ハウスの中は意外と暖かいのでご安心ください。

さらにハウス栽培のメリットとしてイチゴ狩りに適した栽培法があり、

楽にイチゴを採って食べることができます。

小さなお子さんが一緒、彼女とデートでという時、楽なほうが喜ばれますね。

 

イチゴ狩りに適した栽培方法とは?

高設栽培と呼ばれる地面より高い所で栽培される方法です。

かがむ必要もなく楽にイチゴ狩りが楽しめる栽培方法です。

お得な曜日とか時間帯ってあるのでしょうか?

itigokon

イチゴ狩りは曜日によって値段が変わることはほとんどありません。

ただ、お客さんが多いと、ゆっくりと楽しむということが難しくなります。

大きな粒の物がすぐになくなってしまう。

採りやすい所のイチゴが見つからない。

急いで食べようとして楽しめない。

 

こんなことを考えると、お得な曜日というのは平日になります。

さらに、水曜日から金曜日がイチゴ狩りを一番ゆっくりと楽しめます。

土日でなければイチゴ狩りに行く時間がない。

という方でしたら、予約をすることをおすすめします。

 

多くのイチゴ園では、前日までの予約を受け付けています。

一度にたくさんの人が訪れて、

後の人はほとんど食べることができなかった

ということがないようにイチゴ園のよっては、

入場制限を設けている所もあります。

 

イチゴ狩りのお得な時間帯はやはり朝一番です。

まだ、誰も手をつけていないところでイチゴ狩りを楽しめます。

お目当てのイチゴ園が見つかったら、

一度連絡して予約ができるか確かめるといいですね。

 

露地物はどうなんでしょう?

itigogari

冬のイチゴ狩りは寒いので避けたい。

そんな方もおられるでしょう。

そんな方のために、露地物のイチゴ狩りについても

少しですが触れておきますね。

 

露地物のイチゴ狩りのよさは、

  • ハウスでないので開放感がある
  • 旬の時期なのでイチゴがとても甘い
  • 小さなお子さんに食育ができる

お天気のよい日でしたら、

ピクニック気分でイチゴ狩りを楽しむことができますよ。

 

さらに、太陽の陽をたくさん浴びて育っているので、

イチゴがとても甘くなっています。

 

やはり、自然に育ったイチゴは、

ハウス物にない美味しさがあります。

小さなお子さんには、

「イチゴってこんなふうにできるんだ」

ということを実際に教えることができます。

 

ただ、露地物は天候によって、

甘さや採れる量が変わってしまいます。

 

ですから、行かれる前には

必ずイチゴ園に確認することを忘れないで下さい。

お得な曜日や時間は、ハウス物と同じです。

 

イチゴ狩り、一番美味しくて得する時期は?

ss

  • たくさんのイチゴの種類がある
  • とても甘い
  • 寒い時期なのでイチゴが冷えていて美味しい

ひんやりと冷えた甘いイチゴを口いっぱいに頬張る。

これ一つだけでもお得で、とっても美味しいイチゴが味わえます。

私は、1月から2月のイチゴ狩りをおすすめします。

コメントを残す