大人の理想的な睡眠時間ってどれくらい?忙しい社会人必見!

スポンサードリンク

毎日忙しく働いている皆さんは

すっきりした状態で仕事に臨むことができていますか?

日頃の疲れがなかなか取れないとお悩みではないでしょうか?

「質の高い仕事をするためには、適切な睡眠が必要!」とはいうけれど、

適切な睡眠時間とはどのくらいなのでしょうか?

そんなお悩みにお答えします。

 

suimin

実は、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンが行った調査で、

睡眠時間がによってどのように能力を発揮することができるのか?

という調査が行われました。

 

睡眠時間が8時間以上の人。そして、7時間の人。

6時間以下の人たちとそれぞれに同じテストを行ったのです。

その結果、8時間以上の睡眠をとっている人、

6時間以下の睡眠時間の人たちはテストの点数が下がリました。

それに対して、7時間睡眠の人たちは最高点を獲得しています。

 

その他、7時間未満の睡眠時間には病気のリスクが高まるとも言われれています。

死亡率に関してはも7時間の睡眠をキープしている人は死亡率が最も低く、

それより長くても短くても死亡率は上昇するそう。

さらに、そのリスクのは約2倍もあるそうです。

スポンサードリンク


もちろんその他の生活の中で、

次第にリスクを高めてしまっている可能性もあるそうですが、

いずれにしても睡眠時間が適切でないことは、

病気のリスクを高める要因といえそうです。

 

では、睡眠時間は体にどのような影響を与えるのでしょうか?

実際仕事を毎日続けていると

7時間の睡眠を確保するのは至難の技といえそうです。

しかし、予想以上にそのリスクは高そう。

代表的な睡眠不足の症状を紹介しましょう。

 

ストレス

s

短期でカッとしやすい人はまさに睡眠不足といえそうです。

些細なことに、苛立ってしまうのは社会生活の中で良いことはないでしょう。

これは精神的な安定が失われている状態を指すようです。

頑張りすぎも結果的には良いことに繋がらないということですね。

 

暴飲暴食

bouin

これは結果的に大病につながる気をつけたい生活習慣です。

睡眠不足によってホルモンバランスが乱れ、

日常自立している食に関する規制が効かなくなるという症状です。

生活習慣が安定していないことがきっかけで不安になり、

食で満たそうと体が防衛しようとする人間の本能のようです。

 

思考力の低下

kanngaeru

人間は寝ている間にその日にあった情報の整理を行います。

そのために、十分な睡眠時間を確保することができていなければ、

頭の中がごちゃごちゃの状態となり、

目の前のことに集中することができません。

 

その結果、仕事はより遅れ、

さらに睡眠時間が減っていくという悪循環に陥ってしまうという

負のサイクルに入り込んでしまうのです。

 

時間がない人はどうしたらいいの?

jikan

しっかり眠りたくても、そうはいかないという方も多いですよね。

  • 「仕事が深夜まである。」
  • 「生活リズムが不規則でなかなか寝付けない。」

など理由はさまざまかと思います。

そんな方には短めの「昼寝」をおすすめします。

 

昼寝をマスターすれば、1日の有効に使える時間が増えます。

また、シャキッと冴えた状態で臨む仕事にはやりがいも見えてきますよ!

昼寝には、二つの効果があると言われています。

 

1つ目は、体力を回復する効果です。

これは睡眠の基本的な効果の一つですが、

昼寝をすると午前中の疲れを取ることができると言われています。

いわば、1日の半分の疲れをなかったことにしてくれるというわけですね。

さらに、その回復力は通常睡眠の3倍とも言われています。

 

2つ目は、情報整理効果です。

先ほども記述した通り、睡眠には頭の中を整理するという効果があります。

そのために、昼寝にも午前中にあった情報を処理する効果があります。

そして、午後の仕事にしっかり集中することができるというわけなのです。

 

しかし、昼寝にはルールがありますので注意が必要です。

そのルールは単純で「20分間に収める」ということです。

基本的な人間の体の働きとして、

30分で睡眠の質が変わってしまう。と言われています。

 

夜の睡眠では2~3回ほどの回数で、脳波が切り替わっています。

深い眠りと浅い眠りを繰り返すことで情報処理と、

疲れを取る作業を繰り返していると言われています。

 

そのため、20分以上眠ってしまうと今度は「寝足りない。」

という倦怠感が体に残ってしまうのです。

スッキリと起きることができずに、

ぼんやりしたまま午後の仕事に向かうことになってしまうので、要注意です。

 

いかがでしたでしょうか?睡眠不足が体にとって

どれだけの負担になっているか?を分かって頂けたかと思います。

さらに、逆のことを言うようですが、

仕事をしている以上7時間の睡眠を確保することは現実的でない

というのもしょうがないことかと思います。

 

 

そして、今回お教えした昼寝を是非試してみてください!

きっと、体が軽くなり、頭が冴えて、

これまで以上に仕事にメリハリができますよ!

会社のライバルに差をつけるには、

まず自分の体のことを知るのは非常に大切なことかもしれませんね。

コメントを残す