仕事のストレスが原因で腹痛!どうするべき?

スポンサードリンク

「ストレスを感じると胃がしくしく痛む・・・。」

または、「急にお腹がゆるくなる・・・。」など、

自分はストレスに弱いのではないか?

とお悩みの方も少なくないのではないでしょうか?

 

そんなみなさんに、ストレスによる腹痛への正しい対処方法をお伝えします。

正しい対処方法とストレスによる腹痛の理由を知っておけば、

怖いものなしですよね?

 

ストレスで腹痛を感じる原理とは?

sutoresu

実はストレスによる腹痛に悩んでる方は以外と多いのです。

そして、現在では「過敏性腸症候群」という名称がつけられるほど、

一般的に広まりを見せています。

しかし、そのメカニズムをご存知ですか?

ストレスを感じることで体がどのように反応し、腹痛が起こるのか?

まずは、メカニズムを紹介します。

スポンサードリンク


実は人間は基本的に不快であると認識した時に、

神経によって体に「危険だ!」という信号を送ります。

皆さんも経験した事があるかと思いますが、

緊張がピークに達すると汗の量が多くなったり、足が震えたりしますよね。

そして、過敏性腸症候群は「不快だ!」と感じた時に、

信号によって腸の動きが変化するというメカニズムによるものです。

 

腸の運動は自立神経によって司られています。

この自立心毛によって、信号は伝達されます。

その結果、消化管運動、消化管知覚閾値に支障が出てくるのです。

その結果が、腹痛というわけですね。

そして、このような経験を続けていると

トラウマのような症状を起こしてしまうこともあるので、

決して軽視する事が出来ないという点で注意が必要です。

 

改善策はあるの?

s

では、ストレスが原因だからどうしようもないのか?

というと決してそうではありません。

少し自分の生活に気をつけることで改善することができますので、

心配しなくとも大丈夫です。

大雑把に言ってしまうと、「余裕」を持つことです。

 

例えばストレスを感じるシチュエーションとして、

「会議での発表」の場を想定してみましょう。

もし、会議が始まる前から「やばい・・・。失敗出来ない。」

と思い込んでいたら、お腹が痛くなるのも無理はありませんよね。

 

反対に、「まあ、失敗しても次がある。」と思っているとどうでしょうか?

ストレスはなく、何回も経験しているうちに

楽しくなってしまう方もいそうですよね。

原理的にはこれだけのことです。

物事に対して、楽観的にとらえることができるかどうか?ということですね。

しかし、「そんなこと出来ない・・・。」という方のために、

日常の中で簡単にできる改善方法をお伝えします。

 

基本的に、過敏性腸症候群は病気の一種です。

体に不快な症状が現れているということは、不健康であるということです。

そんな症状を引きずりながら、

時間を過ごしていると本当のパフォーマンスを発揮することができませんよ?

 

早寝早起きをする

hayane

まずは、生活リズムを見直しましょう。

仕事が忙しくても、深夜まで仕事をしていることはお勧めしません。

古来から人間が、日が沈んだら眠るという生活を行っていました。

現代では、日が沈むんだら眠るという人はいませんが、

「眠たくなる。」という機能は、人間に備わった防衛本能です。

ですので、なるべくしっかり眠りましょう。

「寝不足である」と感じるだけで、体には大きな負担になっています。

 

暴飲暴食をしない

bouin

こちらもすごく自然なことですが何かを食した後、

人間の体は自動的に消化運動をします。

要は体内で運動をしているというわけなのです。

眠る前の食事はタブーです。眠りながら運動をしていますので、

疲れが取れることがないということは想像しやすいですよね。

 

実は先ほど記述した「余裕」とは、生活リズムを整えるということです。

例えば、休みの日に友達から「遊ぼう!」と言われれば、喜んで参加しますよね。

反対に「忙しい!なんとかしなきゃ!」という場合に

「遊ぼう!」と言われた時には、きっと「後にして!」

と冷静な対応をすることが出来ないのではないでしょうか?

 

過敏性腸症候群は体に余裕がなく、

急な状況に冷静に対処することができていないだけです。

そして、冷静に対処するためには、

「余裕を作ること」が一番大切なのです。

 

薬による治療はタブー

kusuri

薬によって過敏性腸症候群の症状を抑える。

ということはもちろん可能です。

しかし、薬を服用するということは、

骨折した時の松葉杖と同じで、

なければいけないものになってしまう危険性がありますので、要注意です。

 

 

もし、「生活リズムを整え、食事に気を使っている。それも数年間続けている。」

というのであれば、お医者さんに相談する。

くらいの気持ちでいてください。

すぐに、薬に手を出すことは危険が伴います。

 

いかがでしょうか?

メカニズムを知っていただいて、

「なんとかできるかも?」なんて思っていただければ、幸いです。

事実、なにも意識せずに健康でいられる時代ではありません。

自分の身は自分で守らなければいけません。

少しずつ意識してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す