オーロラの下端は、どのくらい上空にある?時期と場所は?

スポンサードリンク

死ぬまでに一度は見てみたいオーロラ!

果たしてアレはどのようにしてできているのか。

 

  • オーロラはどうやってできているのか?
  • オーロラの下端は、地上からどのくらい上空にあるのか?
  • 一番最適な場所と時期は?

 

今回は、オーロラの秘密を徹底解剖していこうと思います。

ではさっそくどのようにできているのか見ていきましょう

 

オーロラはどうやってできているのか?

 

こんなに綺麗な空のカーテンはどうやってできているのでしょうか?

文章で解説していくには少し長くなりそうなので、

このおじさんがオーロラについて解説している動画がめちゃくちゃ参考になりました。

 

1分ちょっとなのでオーロラの原理について知りたい方はご覧ください。

●オーロラはなぜ光る?

 

●オーロラはなぜ寒いところに出るのか?

 

文字を見て考えるより声で解説してある方が分かりやすいです。

百聞は一見に如かずなので、見ておいてほしいです♪

 

では、この動画を見て

オーロラの原理についてはある程度理解していただけたので、

次は、オーロラはどのくらい上空にあるのか解説していきます。

スポンサードリンク


オーロラの下端は、地上からどのくらい上空にあるのか?

地上からだとおおよそ100Km~1000Kmほどの高度に見られます。

先ほどの動画でも解説していましたが、

オーロラは待機中の粒子と衝突することで発生しています。

 

オーロラを見るのに一番最適な場所と時期は?

オーロラに遭遇するのは運もあります。

オーロラベルト間近でも、年間100日しか姿を現すことができません。

だから1週間程度休みを取ることをオススメします♪

 

時期と場所についてですが、北欧だと8月~4月くらいがベストで、

カナダ・アラスカは11月~4月が最適です。

 

オーロラ7日間ツアーなど開催しているので、

そちらに参加すれば最低5回はチャンスがあります。

もし見れなかった方が逆に運がいいかもしれません・・・

ペースとしては3日に1回はオーロラが見れます。(確率としては)

 

というわけで死ぬまでには絶対にオーロラ見ましょう!

管理人も来年あたり足を運ぼうと思います!!!

ご愛読ありがとうございました。

コメントを残す