秋の花粉症対策ベスト3!マスクと花粉用メガネは必須か!?

夏が終わり秋が始まりました。

この秋の時期はヨモギ、ブタクサ、イネ科の花粉がわんさかいます。

私も花粉症なので、毎時間のように鼻水、くしゃみが出ます。

小学生位の時から花粉症なのですが、薬を飲んでも一向に治る気配なし。

私と同じ状態の人が数多くいると思います。

 

そこで、薬に頼らず花粉症を治す方法について調べてきました。

とても良いと思った3つの手法を紹介するので、実践してみてください。

現在、私も実践中なので治ったらまた記事にさせていただきます!

 

目次はこちら!

  1. 秋に流行る花粉症の種類を知っておこう!
  2. 花粉症対策ベスト3
  3. 花粉症を克服するには体質を根本から変えるべき?
  4. さいごに・・・

というわけで早速、解説していきます。

 

秋に流行る花粉症の種類を知っておこう!

ヒノキ花粉だとかスギ花粉をよく聞きますが、秋の花粉は違います。

ヨモギ、ブタクサ、イネ科植物の花粉たちが原因です。

 

イネ科植物に関しては、年中分布しているので

もし夏か秋に花粉症になった場合は、イネ科植物を疑ってみてください。

 

花粉症は1年中通して存在するので、時期によって花粉の種類も変わってきます。

秋の花粉は主に3つでしたが、秋限定の花粉はヨモギとブタクサだけなので、注意しましょう。

 

秋の花粉症は重症化することもあるので、

なるべく早い段階で予防・対策を取っておいてください。

 

花粉症対策ベスト3

まず花粉症を治す前提に、対策から入っていきましょう。

そう、予防ですね!

どのように予防していけばいいのかというと、

  • マスク
  • メガネ
  • 目薬
  • 点鼻薬
  • 服装

これを常に常備して、おいてください。

目薬と点鼻薬は症状が出る前からやっておくと、全然違います。

 

服装についてですが、花粉の付きにくいものに限ります。

ツルツル素材の服を着るようにしましょう。

ウール素材の服は超花粉が付きやすいので絶対にやめましょう。

女性の方はファンデーションを厚めにすると花粉が入りづらくなります。

 

特に外出時などはこれらをしっかり常備しておいてくださいね。

スポンサードリンク


 

あとちょっとした小ワザを紹介していきます。

 

家に帰ってきた時に、服全体をはたいてください。

それだけで花粉が落ちて、症状が出にくくなります。

最初の頃は「見えないからやっても意味ないや」と思っていましたが、

やっているのとやっていないのでは差が出てくるので、是非やってみてください。

 

 

花粉症を克服するには体質を根本から変えるべき?

医者や花粉症などに詳しい方に聞くのですが、

花粉症を治すには、体質から根本的に変えるべきだということです。

 

市販の鼻炎薬では、その場しのぎにしか過ぎません。

それを毎日服用するとなると大変になりますよね。

 

じゃあどうやって体質を変えていくかというと、漢方薬です。

時間はとてもかかりますが、自分に合っている漢方薬だと短期間で克服できるそうです。

 

今回、記事を書くにあたって克服の仕方を調べていましたが、

他漢方薬などで花粉症が治ったという声をよく見かけました。

あ、もちろんセールスページや宣伝HPとかじゃないですよ(笑)

 

なので、効果のある漢方薬を紹介しようと思います!

個人差はあるので、合わない人には合わないかもしれません。

 

 

この2つです。

花粉症を克服するのに有名な漢方薬だったので紹介しました。

 

 

さいごに・・・

花粉症に悩んでいる方のために役に立てたら嬉しいです。

私は田んぼ道を通るので、この時期「稲刈り」なのでとてもやばいです(笑)

重度な花粉症になる前に予防を心がけてください。

というわけで最後までありがとうございました。

コメントを残す