勤労感謝の日とは?2014年プレゼントは何がいい?

スポンサードリンク

11月23日は勤労感謝の日ですね。国民の祝日となっていますが、

勤労感謝の日の意味はご存知でしょうか?

 

勤労感謝の日の意味や2014年の勤労感謝の日に

プレゼントを贈るなら何がいいのか考えてみました。

 

勤労感謝の日の意味とは?

 

勤労感謝の日は1948年に公布、施行されました。

勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあうという意味です。

 

日頃働いてくれている人に感謝する日なのです。

働いてくれる人と言って思い浮かぶのは誰でしょうか。

m020035

お父さん、お母さん、奥さん、旦那さんなど、

仕事や家事をしてくれている人に感謝する日ですね。

普段は恥ずかしくてなかなか感謝の気持ちを

伝えることができないという人でも勤労感謝の日に伝えてみるといいと思います。

 

2014年勤労感謝の日に贈りたいプレゼントとは?

感謝の気持ちを伝えるだけで十分に相手の人は喜んでくれるでしょうが、

プレゼントを添えることで贈られた人も喜んでくれるのではないでしょうか。

 

2014年の勤労感謝の日にプレゼントを贈るなら

どのようなもを贈ると喜ばれるのでしょうか?

 

相手が旦那さんや彼の場合は何を贈ると喜ばれるのでしょうか?

いつも仕事を頑張っているご主人や彼へのプレゼントは

仕事の時に使うことができるものがいいですね。

ハンカチやネクタイなどをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

またはいつもよりもちょっと豪華な手料理でもてなすというのも

喜んでもらえるのではと思います。

スポンサードリンク


相手が奥さんや彼女の場合は、お花やピアスやネックレスなどの

アクセサリーなどが喜ばれると思います。

女性は花を贈られるのは嬉しいものですから、

感謝の気持ちとともにお花をプレゼントするといいでしょう。

 

プレゼントを贈る相手が両親や義理の両親の場合は、

旅行をプレゼントしたり食事に招待するなど家族で楽しめるものを選ぶといいですね。

お花や記念に残るものとして食器やお財布などをプレゼントしてもいいと思います。

 

戦前は新嘗祭と呼ばれていた

勤労感謝の日は戦前は「新嘗祭」(にいなめさい)と呼ばれており、

農作物の収穫を感謝する日でした。

 

農業が中心だった時代において、

神に1年の収穫を報告し感謝する新嘗祭は大切な儀式だったのです。

 

新嘗祭は国の大切な行事として国民を代表する天皇が

農作物の恵みに感謝する式典を行っていました。

 

そして戦後からは勤労感謝の日として日頃の勤労を感謝する日となりました。

今年の勤労感謝の日は大切な人に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す