ひな祭りの風習は日本だけ?起源は平安時代?

スポンサードリンク

元々は上巳(じょうし)の節句→桃の節句→雛祭りとなったと言われており、

日本でひな祭りといわれている行事は、

3世紀前後の古代中国で行われていた風習に基づいているといわれてます。

 

目次

  1. ひな祭りの風習と起源
  2. 平安時代ではひな祭りとは呼ばなかった!

 

ひな祭りの風習と起源

中国では「季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすい」と考えられ

3月最初の巳の日=上巳(じょうみ)に水辺で禊(みそぎ)を行ったり、

盃を水に流して自分のところに流れ着くまでに詩歌を読む

「曲水の宴」を行ったりする風習がありました。

hinamaturi
これがやがて遣唐使により、日本に伝わったと考えられており、

「禊」の神事と結びついてると思われています。

当初は、天子(天皇のこと)をお祓いする為の儀式であったのが、

平安時代には宮中行事にと変化し、川のほとりに男女が集まり、

災厄を祓う「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、

草木や紙などで、かたどった人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、

川や海へ流す儀式が行われるようになり、

現在でも日本の各地で行われている「流し雛」は、この名残りといわれてます。

 
他にも上巳の祓いが行われた説としましては、

当時の中国の時代に「徐肇」という人に女の三つ子が生まれました。

三日後に三人とも死亡してしまい、人々はこれはきっと何かのたたりだと、

水浴をして忌み汚れを流し禊(みそぎ)を行いました。

この日がちょうど初の巳の日であったとも言われてます。

 

日本では、宮中の行事であった「上巳の祓い」が時とともに武家社会へと浸透し、

たがて室町時代の頃には日付が変わらないようにと3月3日と固定されました。

 

ただ、この頃はまだ「祓いの行事」でしたので人形を飾るなどはなかったそうです。

華やかな女性のお祭りとなったのは戦国の世が終わり平和になった

江戸時代からの事だそうで、徳川幕府によって「上巳の節句」と定められたのです。

 

もともと「上巳の節句」は男女の関係なく行われていたのですが、

「端午の節句」が男子の節句として行われるようになったのをきっかけに

女子の節句として定められるようになったそうです。

スポンサードリンク


平安時代ではひな祭りとは呼ばなかった!

平安時代では、雛祭りとまだ言われず、

宮中の幼女が小さな人形を使った遊びを「ひいな遊び」といい、

この人形と身代わりになる人型が結びつき、

人の厄を受ける男女一対の紙製立雛が誕生しました。

これが「ひな人形」の原型といわれています。

やがて人形作りの技術が発展し、立派なひな人形ができてくると、

流すものから飾るものへと変化し江戸時代以降では、

ひな人形は、その家の財力の象徴として華やかさがまし、

あまりに豪華な雛壇を飾るようになったので

江戸幕府は贅沢を制限する禁止令までだしたそうです。

 

今では、女の子が生まれるとひな人形を用意して、

その子の形代(かたしろ)と考えて飾り、

「災いがふりかかりませんように、

人生の幸福を得られますように」などの思いを込め、

初節句の風習として広まっています。

 

こうして、ひな祭りは祓いの行事から徐々に形をかえて、

女の子の成長を願うお祭りになり庶民への間へと浸透していったのです。

コメントを残す