大晦日の由来・起源とは?小学生でも分かるように解説!

スポンサードリンク

年の終わりにある大晦日の意味や由来ってなんなのでしょうか?

今回は、気になる「大晦日」について調べてきました。

 

そもそも大晦日とはなんでしょう?

元々月の30番目の日を“三十日(みそか)”と書きます。

それが月の最後に日を表す“晦日”と変化して最後の日を言います。

そのため毎月の最後に日は、すべて晦日です。

oomisoka

その中で12月は1年の最後の日であるということより

他の月と区別することを目的として“大晦日”と言います。

また晦日は“つまごり”とも読みます。

昔旧暦を使っていたころ月と太陽の位置が近いので見ることができませんでした。

そのことから月が隠れて見えないという意味で“月隠(つきごもり)”と言いました。

それが“つきごもり”と変わっていきました。また旧暦を使っていたころは、

一日の終わりは、日没でした、

そのため231日大晦日に太陽が沈むと新しい年になっていました。

 

大晦日行事の除夜の鐘の意味って?

年初めに見る初夢は、元旦に見る夢を初夢と言います。

大晦日の行事としてまず思い浮かぶのは、除夜の鐘です。

大晦日の夜に人の煩悩の数である“108“の鐘を鳴らします。

本来であれば毎日108回の鐘を鳴らす必要がるようです。

 

しかし毎日108回鐘をつくのは大変なので、省略して8回鐘をついています。

また108回の鐘のうち107回は旧年中につきます。

最後の1回は煩悩に惑わされないことを願って年明けにつきます。

スポンサードリンク


最近は厳密に数えるのではなく0時挟んで

108回鐘を鳴らしているお寺が多くなってきているようです。

それではなぜ108回なのでしょうか?

 

108回鐘を鳴らすのは仏教説が有力!

仏教の教えに基づいているという説が有力です。

仏教では、眼、耳、鼻、舌、身、心の6つの感じる器官それぞれに、

好、平、悪の三つの状態があります。よって18となります。

 

その程度が三種類あるので36となります。

過去、現在、未来の三つの状況で人を悩ませるため108の煩悩となります。

このことから108回鐘をつくようになったと言われています。

 

大晦日行事の年越しそばの意味って?

次大晦日の行事としては、年越しそばです。

しかし年越しそばを全国で食べるようになったのは

50年程度前からなので比較的新しい習慣です。

 

もとはと言えば、月末に忙しい商人の家で食べていた晦日そばが変化して

年末の大晦日に食べるようになったと言われています。

そばは細く長く丈夫で健康に暮らせることを願ってそばを食べると言われています。

 

他の説として

  • 「そばはとてもキレやすいので1年間の苦労を翌年に持ち越さない」
  • 「年を越す前に食べきらなければいけません。翌年に残すと金運に恵まれない」

などのものがあります。

コメントを残す