春分の日の本当の意味は何?由来、起源は?分かりやすく解説!

スポンサードリンク

春分の日ってどんな意味なのでしょうか?

このブログを読んで、春分の日の本当の意味や由来起源について知りましょう!

学校や会社での何気ない雑談で使ってくださいね(笑)

というわけで早速見ていきましょう。

 

春分の日とは?

《春分の日》とは、春彼岸の中日(ちゅうにち)にあたり、

国民の祝日に定められています。

haruharu

由来は、明治11年、太政官布告23号で定められた

「春季皇霊祭(しゅんきこうりょうさい)」という祭日が始まりだそうです。

 

時代をえて昭和23年7月20日に「国民の祝日に関する法律」が制定され、

旧制の祭日であった春季皇霊祭は廃止となり

「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」

「自然を称え、将来のために努力する日」として「春分の日」という祝日になりました。

 

なんで春分の日は毎年変わるのか?

春分の日は、国民の休日ではありますが、

日にちが毎年変わるのは、「うるう年」と同じような原理が働いているからです。

 

春分の日は、地球の赤道を天に延長したものが、

黄道(太陽の通り道)と交わる春分点を太陽が通り過ぎる時間を含む日を指していて、

地球の公転は、365日と6時間かかるので、

毎年春分点を太陽が通り過ぎる時間がずれるのです。

スポンサードリンク


簡単にいいますと、昼と夜が同じ長さになる日の事です

そのため、春分の日は必ず同じ日にはならないのです。

 

自然の事なので人が決めれるものでは、ないって事ですね。

3月21日頃を基準に、前年の2月1日に、国立天文台が作成する

「暦象年表」という小冊子に基づいて閣議で決まられ、官報で発表されます。

国立天文台予測に基づいた予定では2015年は3月21日(土)だそうです。

 

何年か先まで予測されてますので、お知りになりたいなって思われたら、官報でみれますよ。

 

春分の日の起源・由来は?

古来から、人々はこの日を春の訪れを祝う日とし同時に

祖先に感謝するお祭りを行ったりしてました。

農村部で長く風習として続いていたみたいです。

 

明治時代には、春分の中日を「春季皇霊祭」とし、

宮中で祖先を祭る日としてましたが、市民の間でも祭日とされました。

 

長い間、冬眠をしてた動物たちが動き始め、寒い冬が終わり、

もうスグ来る春の訪れに感謝して始まったことなのでしょうが、

祖先に感謝する日でもあったのですね。

 

現代でも自然とお墓参りとして風習に残ってるのは、

その当たりが関係しているのでしょうね。

素晴らしい風習はずっと、この先も残っていくのでしょう!

 

 

余談ですが、「春分の日」って聞くと私が連想するのは、お墓参り・お彼岸・おはぎ、です!

後は、良く祖母がいっていた「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉ですね。

小さい頃は何かの暗号かとしか思わなかったですが、

年齢と共に同じ事いってる自分に気づきました。

春分の日を境に昼のほうが夜よりも長くなっていくために言われた言葉だったんですね。

コメントを残す