女子学生の可愛く見えるマフラーの巻き方を紹介!男子も胸キュン!

スポンサードリンク

これからのシーズンマフラーを巻くことが多くなると思います。

マフラーは、暖かいアイテムでも有効ですが、可愛く見せるアイテムにもなります。

できればかわいく巻くことができればいいですね。

ここでかわいい女の子マフラーの巻き方を考えてみましょう。多くの巻き方があります。

mafura

オーソドックスなリボン巻き、かぎ巻き、最初に結び目を作ってから巻くやり方で

かわいく見えて女の子っぽい結び方ができるクロス結び、

後ろに結び目がありすっきりと見える後ろ結び、

前に結び目二つあり胸元が隠れて寒さに強いポット巻きなどがあります。

 

実際の巻き方は、ネットで検索してもらえれば、映像で詳しく説明されています。

そちらを参考にしてください。このようにマフラーの巻き方は、たくさんあります。

同じ巻き方でもマフラーの柄や長さや着ている服でも大きく違って見えます。

スポンサードリンク


気に入った結び方を気に入ったマフラーで気に入った服で楽しんでください。

寒い冬でしかできないアイテムであるマフラーを楽しんでください。

ここでマフラーについて考えて見ましょう。

 

マフラーって?

マフラーとは、日本語では襟巻、首巻きとも言います。

首の周囲に巻き長い布で防寒着の一つです。スカーフということもあります。

しかしスカーフと言うのは元々、軍隊の制服につける飾帯のことをから始まっています。

マフラーは防寒着としてすごくすぐれたアイテムです。

寒さや暑さを感じるところ、体感温度を調整できるところは

三つの首である足首、手首、首と言われています。

 

その一つの首の温度を調整することによって体感温度を効率的に調整します。

特に首は、皮膚表面に近いところ太い動脈が通っています。

そのためそこを温めることによってそこを通る大量の血液も温めることができ

体中を流れる血液を温め体感的に暖かくなります。

逆に風邪などの病気によって体温が上昇したとき首を冷やすことによって

対応を下げることができます。

 

昔は、おでこを冷やしていましたが、首を冷やす方がより効率的です。

また足首にネックウォーマーを付けるのも同じ理由で暖かくなります。

一説によるとマフラーを首に巻けば風が入るのを防ぐとともに

体感温度が4度あがると言われています。

 

このように寒さ対策に優れているだけでなく、

ファッションアイテムとして大きな可能性をもつマフラーを有効利用してください。

また新たな事実としてマフラーは暖色と呼ばれる赤をはじめとする

ピンク、オレンジのマフラーなどの防寒着にすればより防寒効果を増すことができます。

これから寒い季節を迎えます。これらの工夫をして快適におしゃれをしましょう。

コメントを残す