スノーボードのメンズウェアで2015年に流行るのはこれだ!

スポンサードリンク

初心者の方はスノボウェアを選ぶときにかなり迷ってしまうようですが、

ウェアは好きなものを選んで着れば良い。という意見が多いようです。

とは言っても、雪山の中に長時間いるのですから

スノーボードウェアならではの特徴はあります。

必要なのは・保温性・耐水性・撥水性・透湿性です。

スノーボードウェアの定番といわれるブランドはたくさんあります!

sunobo

Burton・686・rew・RIDE・SESSIONS・Atmys・GUSH・X-nix・Volcomなどなど

たくさんありますが、今売れ筋のこちらの特徴を紹介します。

 

ACTIVERSION

今人気のスノーボードウェアでとってもオシャレです。

オシャレだけではないスノーボードウェアにとって大事なポイントがあります。

では早速行ってみましょう!

 

ジャケット機能は?

まずは、ジャケット機能について紹介していきます。

袖口のハンドゲイター

handoge

これがあることで袖口から入ってくる冷気をシャットアウトしてくれます。

 

パスケース

pasuke

これはだいたいどのウェアにもあるもので、

リフトに乗るときなどに必要なチケットを入れておくものですね!

 

パウダーガード(腕・腰)

手首の部分にある雪や冷気を防ぐための仕掛けで、

マジックてープで調節ができるようになっていたりします。

腰についてるものは腰からの冷たい空気や雪の侵入を防ぎます。

 

ダブルジップ

ウェアのジャケット部分にある着いているジッパーのことですね!

ダブルジップになっていることで、上からも下からも調整できるので、

自分の好みのスタイルに変えることができます!

こまめな温度調節も出来てとても便利なポイントでもあります。

 

アジャスター付フード

アジャスターでフードを絞ることができるので、かぶっているときは、とても便利です。

 

ベンチレーション

脇の下あるウェア内の温度を調節するためのジッパーのことです。

寒い場所でも、ウェアの中には汗をかいたりするので、

ムレを防ぎ快適な状態を保つために必要なものです!

 

インナーポケット

ジャケットの内側についているポケットのことです!

スノーボードをしているときは、

スマホや現金などはポケットに入れている方が多いでしょう。

防水や落とし物を防ぐといったことでも重要です。

 

パンツ機能は?

ここまではジャケットの機能を紹介したのでここからは

パンツの機能を紹介したいと思います!

スポンサードリンク


スリットジッパー

足元にジッパーが付いているのでブーツを脱ぐときや、履くときにとても便利です。

 

パウダーガード(足元・腰)

足元からの冷たい空気や雪が入ってくるのを防いでくれます。

ジャケットと同様にパンツの腰の部分にも付いているので、防寒ばつぐんです。

 

ウェストアジャスター

ウエストの部分にある付いているアジャスターです。

ウェアにはそれぞれサイズはありますが、

自分にぴったりなサイズというのはなかなか無いものです。

そこでウエストのアジャスターはサイズの調整が自由にできる優れものです!

 

ベンチレーション

パンツの内もも部分にあるジッパーです。

こちらもウェア内の温度調整のために役立つ機能です。

 

立体裁断

パンツの脚の部分には、動きやすさと履きこごちを考えた

立体裁断が用いられています!防寒や温度調節だけでなく、着心地も大切です!

 

ジップポケット

ポケット全てにファスナーが付いています。

これはスノーボードをやるときには大切なポイントです!

 

この様な機能があるウェアが今期人気の物で、しばらく人気は続くようです。

もし興味があれば、購入してみてくださいね♪

コメントを残す