初詣人気スポットベスト5!in福岡編

スポンサードリンク

初詣人気スポットベスト5を紹介していきます!

前回は、「in東京編」を書いたので、今回は「in福岡」をご紹介します。

福岡と言えば、明太子や九州との境目で有名ですが、

果たして、どのような人気初詣スポットがあるのでしょうか?

では行ってみましょう!

 

大宰府天満宮

dazaten

菅原道真の墓所の上にご社殿を造営し、永久にお祀りしている神社です。

菅原道真をお祀りする全国12,000社の総本宮と称えられています。

学問・至誠・厄除けの神様」として、年間700万人の参拝者が訪れています。

学問の神様として有名な大宰府天満宮の新年は、参拝者が天神様のご新徳を受け、

それぞれの願い事がかなうように、受験合格・厄除けをはじめ、

人生に関わる様々な祈願祭から始まります。

 

宮地嶽神社

miyajin1600年前に創建された宮地嶽神社の際神は

「息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)」別名「神功皇后(神功皇后)」です。

三韓征伐の前にこの地に滞在し、

宮地嶽の頂きに祭壇を設け祈願したのが始まりと言われています。

それ後随従の勝村・勝瀬大神を合わせて「宮地嶽三柱大神」として祀られきました。

今では「何事にも打ち勝つ開運の神」として人気です。

正月三が日には100万人以上の人々で賑わっています。

日本一大きいと言われてい主連縄も有名です。

参道には多くの土産やが並び、

商売繁盛にちなんで招き猫やダルマを販売しているお店も多くみられます。

 

筥崎宮

箱崎宮

箱崎宮は京都府八幡市の石清水八幡宮、大分県宇佐市の宇佐神宮とともに

日本三大八幡宮のひとつです。

みどりの木々に囲まれた社殿は小倉の中心に位置し、

「北九州の八幡様」として、多くの参拝者に親しまれています。

「安産・子安成長・福徳長寿」のご利益で知られていて社殿には

「竹内宿禰に抱かれたまふ応神天皇」の絵が飾られています。

スポンサードリンク


他にも、大蛇から村人を守ったという言い伝えや、

交通安全の神として知られる「宗象三女神」をお祀っているので、

「厄除け・交通安全」の社としてもとても有名です。

正月には「玉せせり」と呼ばれる「玉取祭」があり、

玉に触れると災難を逃れ幸運をさずかるといわれ名物行事となっています。

 

宗象大社

宗象大社

道の神さまとして古代より信仰されてきた日本最古の神社の一つで、

沖ノ島の中津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称です。

宗像は中国大陸や朝鮮半島に最も近く、

他の国々からの窓口として重要な位置にありました。

日本各地にある宗像神社、厳島神社、宗像三女神を祀る神社の総本社です。

交通安全の神様として信仰を集めています。

 

高良大社

高良大社

国の重要文化財に指定されていて、神社建築としては九州最大の大きさです。

ご利益としては、「厄年の厄払い・厄除け開運・延命長寿・交通安全」などで知られています。

ご祭神は「高良玉垂命」で芸能の神としても崇敬されているようです。

元旦は境内で「御井町風流」の奉納、「高良山獅子」歯打ちなどの行事が行われています。

久留米市街を一望する眺望も人気の一つです。

 

コメントを残す