インフルエンザ後は口内炎がよくできる原因って何?

インフルエンザが治った後の口内炎って凄く嫌ですよね。

せっかくインフルエンザが治ったと思ったら今度は口内炎。

原因は、免疫力が落ちている状態なので口内炎になりやすいのです。

 

現代型免疫低下を調べるにはチェックシートがあり、

一定の数値に達すると、現代型免疫低下と診断されます。

診断というよりも自己診断の形ですが、

それでも免疫力が下がっているのがわかれば、警戒するようになります。

kounaien

免疫力を上げる

インフルエンザ後の口内炎を防ぐには免疫力を大幅に上げる必要があります。

1番手軽な免疫力の上げかたとしては、食物繊維が豊富な食べ物を多く取る。

また、食物繊維豊富な飲み物をたくさん飲む。

食べ物の対応策で1番簡単なのは上記の通りです。

「インフルエンザ後は口内炎がよくできる原因って何?」の続きを読む…

病気

インフルエンザの初期症状は頭痛?それとも吐き気?

インフルエンザの初期症状は風邪にも共通している症状ですが、

悪寒、関節痛、頭痛、吐き気等が主な初期症状ではあります。

特に悪寒は熱がグングン上がっている最中に起る症状です。

またそれとほぼ同時に関節がかなり痛くなります。

そして頭痛、インフルエンザの型によっては吐き気が加わります。

kaze02

インフルエンザは消化器系に大きなダメージをもたらすものと、そうでない物があります。

消化器系の症状は、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢です。

今年のインフルエンザは消化器系のものでは無く主流の高熱型のものです。

 

毎年型が違います。香港A型などが最も多い型です。

インフルエンザにかかってからでは、数日間は辛い思いをしなければいけません。

そうならない為にもワクチン接種は積極的に行いましょう。

「インフルエンザの初期症状は頭痛?それとも吐き気?」の続きを読む…

インフルエンザb型が流行?症状は下痢と吐き気?

2015年のインフルエンザはb型が流行しています。

b型の大きな特徴は消化器系に大きなダメージを与える事です。

熱がある上、吐き気・嘔吐・腹痛・下痢と言った症状です。

素人には食中毒との区別が全くつきません。今年はb型が流行しています。

infuru

しかしa型も流行していない訳ではありません。高熱が特徴のa型。

非常にこちらも、特効薬『タミフル』を飲むまでは安心出来ません。

『タミフル』を飲んだからと言って絶対に熱が下がる確約はありません。

しかし、病院で医師の診察を受け、インフルエンザの検査を受け陽性反応が出て、

薬を処方されれば気持ち的には少しは楽になるでしょう。

「インフルエンザb型が流行?症状は下痢と吐き気?」の続きを読む…

インフルエンザの潜伏期間の感染力が凄い!1週間は外出ダメ!

インフルエンザの潜伏期間は通常1日から2日です。

この間にもインフルエンザウィルスを、他の人にうつしてしまう事が多いです。

特に通勤途中の満員電車など、誰がウィルスをもっているかわかりません。

まさしくいつ地雷を踏んでもおかしくありません。

 

インフルエンザはその後2日以内に発症する事が多いです。

症状は殆ど風邪を引いた時とかわりませんが、熱が高いのが特徴です。

熱が40度もあればトイレにいくにもふらつきます。

本当にインフルエンザは厄介な冬の病気です。

kaze

インフルエンザの特効薬はある?

そのインフルエンザの特効薬として開発された薬が『タミフル』です。

『タミフル』夜熱が40度あったのが朝になると平熱になっています。

強力な効果を発揮します。しかし『タミフル』は副作用の事例が多数寄せられた事から、

処方する時には誓約書にサインしなければいけません。

 

それだけ効果は絶大ですが夜40度あったのが朝平熱。

余りにも薬が効きすぎています。

熱が下がったからと言って薬を飲まないとまた熱がぶり返してきます。

 

処方された薬は全て医師の指示通りのまなくてはいけません。

一番いけないのが独断での服用中止です。

インフルエンザウィルスはかなりねばりますから、

医師の指示通りに服用しなければいけません。

「インフルエンザの潜伏期間の感染力が凄い!1週間は外出ダメ!」の続きを読む…

インフルエンザの食事感染を予防する方法はある?

インフルエンザの食事の感染予防方法について今回は解説していきます。

インフルエンザに効くと昔から良く言われているのが、にんにくですね。

ただにんにくは口の中に残りますからね。

体には良いのですが、周囲の人に気を使わなければいけませんね。

netu

後は、食物繊維の多い物もインフルエンザに良いとされています。

代表的な食材で言うならこんにゃくでしょう。

その他の食物繊維を多く含む食材であれば体にもいいですし、

インフルエンザ予防にも十分役立ちます。

食持繊維が、多く含まれている食品は一定の効果が見込めます。

「インフルエンザの食事感染を予防する方法はある?」の続きを読む…

インフルエンザ受験生はいつ予防接種する?2015年タイミングは…

2014年11月の段階での、東京都感染症情報センターから発表されている

インフルエンザ情報を確認したところ、

現在はAH3亜型(A香港型)が流行していると発表されてます。

近年の傾向からすると「A香港型」「B型」が流行する可能性が高そうです。

 

今年のインフルエンザの特徴は例年よりも早い段階で流行しています。

今年は9月に入り小中学校では患者がでてるところもあるそうです。

 

インフルエンザ予防接種の受験生などの最適接種時期はいつ?

インフルエンザ

まずはインフルエンザについて少し勉強してみましょう。

 

インフルエンザの流行時期なんですが、

毎年平均して11月~12月頃からインフルエンザにかかる人たちが

増えてきてピークになるのが1月~3月です。

 

その為に予防接種は流行時期やピーク時に合わせて接種していくのが

ベストなんですが、中々難しいですよね。その時期はいつなん?ってなりますし。

 

そこで予防接種の効果の時期などを調べてみましょう!

予防接種を受けてから大体1週間~2週間で身体の中に抗体ができ始め、

それから3~4ヶ月で抗体が徐々に低下していくので

予防接種の効果の期間は接種後2週間~4ヶ月程と言われてます。

 

個人差はありますが、一般的には4ヶ月程度が効果のある期間と考えて良いみたいです。

 

では接種日はいつ頃がいいのでしょうか?

受験生が受験シーズンの1月~2月にインフルエンザを予防したいと

考えるのであれば11月上旬頃に摂取が一番理想的ではあります。

 

11月上旬に摂取すると、11月後半から3月後半まで

インフルエンザの予防効果期間に入るので、

1月~2月の受験時期は効果が効いている時になります。

 

受験生の場合は遅くても11月半ばまでには予防接種を受けましょう!

「インフルエンザ受験生はいつ予防接種する?2015年タイミングは…」の続きを読む…

病気

インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?感染速度は速いのか?

そろそろ秋も深まり、北海道などの寒冷地域では初雪の声が聞かれています。

そろそろ冬です。冬といえば、寒さによる風邪などの呼吸器系の病気が、

流行しだします。通期の電車でもマスクをした人が増え始めます。

 

私は、インフルエンザ等の感染症対策に有効なようですが、

マスクはなかなか好きになれません。

自分がするのは当然息苦しく、真冬でも熱く、最悪です。

 

また人がマスクをしているのもあまり好きでありません。

さて実際インフルエンザ(感染性感冒)は、どのように感染してどのように発病し、

どのような症状なのでしょうか?

 

目次

  1. どうやって感染して発病するの?
  2. 潜伏期間はどれくらい?
  3. インフルエンザの種類

 

innfuru

1、どうやって感染して発病するの?

感染は空気感染や分泌物による感染です。

口や上気道そのためマスクや手洗い励行により

ある程度感染を防ぐことができる可能性があります。

 

2、潜伏期間はどれくらい?

潜伏期間は、2~5日程度です。

症状としては、38度以上の高熱、全身の筋肉痛などの症状があります。

 

3、インフルエンザの種類

インフルエンザには、大きく分けるとA型、B型、C型があります。

症状は、A型、B型、C型の順番に軽くなります。

 

C型の症状

C型と言うのは、ほとんどの人が幼児期に感染し、免疫ができます。

その上症状が軽いため感染したことを気が付かない場合もあります。

そのため大人が感染することはあまりありません。

 

B型の症状

次にB型は、腹痛や下痢の症状が出やすいです。

また決まった形のウィルスによる感染であるため、

予防接種で流行を防止することが可能です。

「インフルエンザの潜伏期間はどれくらい?感染速度は速いのか?」の続きを読む…

病気