クッキーとビスケットとサブレの違いは国での呼び方が原因だった!

もうすぐクリスマス。いろいろな料理やお菓子も店頭に並んでいます。

クリスマスケーキは勿論、チョコレートの詰め合わせや、

ちょっとした贈り物にもなるような、可愛らしいラッピングのクッキーなど・・・

さて、ここで話題提起です。

『クッキー』と『ビスケット』、何が違うかご存知ですか?

さらに同じようなお菓子として『サブレ』、こちらとの違いは??

今回もお腹が空くシリーズのお話です(^^;;

bisuke

国の違いが呼び方の違い?みっつの言葉の意味とは?

どれもサクサクとした焼き菓子、ということに違いはないのですが、

それぞれに作られた国の特徴が出ているようです。

が、呼び方の由来については諸説あります。

 

『クッキー』
→ビスケットのうち、手作り風の外観で、糖分と脂肪分の合計が40%以上のもの。絞り出し方式で作られたもの。戦後、アメリカから伝わった。

『ビスケット』
→型抜き式で作られたもの。16世紀頃、ポルトガルから伝わった。

『サブレ』
→型抜き式で作られる、サクッとした口当たりのクッキー。フランスから伝わったもの。日本ではあまり明確な分類はない。呼び方についてはフランスの町の名前から、という説と、『砂』という意味の言葉からきたという説がある。

 

基本的には大きな括りとして『ビスケット』、

その中に『クッキー』や『クラッカー』などが分類されるといった感じです。

米国ではクッキー(cookie)、英国ではビスケット(biscuit)と呼ぶともされていますが、

日本に伝わってきた当初はどちらも同じ品質の焼き菓子をさしていたと言われています。

「クッキーとビスケットとサブレの違いは国での呼び方が原因だった!」の続きを読む…