ひな祭りの風習は日本だけ?起源は平安時代?

元々は上巳(じょうし)の節句→桃の節句→雛祭りとなったと言われており、

日本でひな祭りといわれている行事は、

3世紀前後の古代中国で行われていた風習に基づいているといわれてます。

 

目次

  1. ひな祭りの風習と起源
  2. 平安時代ではひな祭りとは呼ばなかった!

 

ひな祭りの風習と起源

中国では「季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすい」と考えられ

3月最初の巳の日=上巳(じょうみ)に水辺で禊(みそぎ)を行ったり、

盃を水に流して自分のところに流れ着くまでに詩歌を読む

「曲水の宴」を行ったりする風習がありました。

hinamaturi
これがやがて遣唐使により、日本に伝わったと考えられており、

「禊」の神事と結びついてると思われています。

当初は、天子(天皇のこと)をお祓いする為の儀式であったのが、

平安時代には宮中行事にと変化し、川のほとりに男女が集まり、

災厄を祓う「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、

草木や紙などで、かたどった人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、

川や海へ流す儀式が行われるようになり、

現在でも日本の各地で行われている「流し雛」は、この名残りといわれてます。

 
他にも上巳の祓いが行われた説としましては、

当時の中国の時代に「徐肇」という人に女の三つ子が生まれました。

三日後に三人とも死亡してしまい、人々はこれはきっと何かのたたりだと、

水浴をして忌み汚れを流し禊(みそぎ)を行いました。

この日がちょうど初の巳の日であったとも言われてます。

 

日本では、宮中の行事であった「上巳の祓い」が時とともに武家社会へと浸透し、

たがて室町時代の頃には日付が変わらないようにと3月3日と固定されました。

 

ただ、この頃はまだ「祓いの行事」でしたので人形を飾るなどはなかったそうです。

華やかな女性のお祭りとなったのは戦国の世が終わり平和になった

江戸時代からの事だそうで、徳川幕府によって「上巳の節句」と定められたのです。

 

もともと「上巳の節句」は男女の関係なく行われていたのですが、

「端午の節句」が男子の節句として行われるようになったのをきっかけに

女子の節句として定められるようになったそうです。

「ひな祭りの風習は日本だけ?起源は平安時代?」の続きを読む…

死ぬまでに行きたい日本の絶景【15カ所厳選】

日本に絶景なんかあるの?と思っていましたが、

調べてみると色々とありました。そこで管理人が行ってみたい!

と思った絶景を15カ所に厳選して紹介します!

というわけで早速行ってみましょう♪

 

鍋ヶ滝(なべがたき)/熊本県

鍋ヶ滝・熊本県

 

滝の裏側に入ることができる珍しい滝!
CMで撮影ロケ地になったりと観光スポットとして知られてます!

 

鍋ヶ滝・熊本県(ライトアップ)

 

夜のライトアップされてる景色がこれまた絶景です。

 

青ヶ島/東京都

青ヶ島・東京都
高さ50メートルから200メートルの崖に囲まれた絶海の孤島
一応、人も住んでいて現在は195人が住んでいるんだとか・・・

1785年に大噴火が1か月以上続き島民327人のうち半数が亡くなって、
それから40年間は無人島になったんだとか。

しかし今は人も住んでいるようですが、
不便じゃないのだろうか・・・?

少しでも海が荒れれば欠航なので船では行きにくいようです(笑)
ヘリでも行けるようなので興味のある人は足を運んでみてはどうでしょうか?

 

銀山温泉(ぎんざんおんせん)/山形県

銀山温泉・山形県1
NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで有名になりました。
対象から昭和の初期にかけて建てられた建築の旅館が立ち並んでいて、
個人的には千と千尋の神隠しに出てきそうな場所だと思いました♪

銀山温泉・山形県

 

古宇利大橋/沖縄県

古宇利大橋・沖縄県
エメラルドグリーンの上にかかる日本で2番目に長い橋!
美しい景色を堪能しながら走れるので沖縄に行ったら絶対に渡りたいですよね。
ちょっとだけ山口県の角島大橋と似てるかも・・・?

古宇利大橋・沖縄県

 

 

タウシュベツ橋梁/北海道

タウシュベツ橋梁・北海道1
よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映ると眼鏡のように見える。
またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持ちます♪

 

ホタルイカの身投げ/富山県

ホタルイカの身投げ・富山県

4-5月の富山湾沿岸では、「ホタルイカの身投げ」と呼ばれる、
大量のホタルイカが波によって浜に打ち寄せられる現象が、

見られることがある

ホタルイカの身投げ・富山県1

 

神威岬/北海道

神威岬・北海道1

岬の付け根にある駐車場から先端部までは

尾根沿いに整備された
遊歩道(強風時は立入禁止)で徒歩20分から30分ほど。
先端部は岩山がそのまま海へ落ち込んでいくような

状態になっており、沖には神威岩という岩礁がある。

 

貴重な動植物の宝庫ともなっており、
夏にはエゾカンゾウが咲き乱れ、

冬期にはオオワシやオジロワシも見られる。

神威岬・北海道

 

角島大橋/山口県

角島大橋・山口県1
総工費149億円もした角島大橋。
長さは1,780Mと長いので綺麗な海を眺めながらドライブできます♪
先ほど紹介した、古宇利大橋と少し似ている風景かも・・・

角島大橋・山口県

 

小豆島エンジェルロード/香川県

小豆島エンジェルロード・香川県1

瀬戸内海の多島美と四国・屋島を見渡せるロケーションの一角にあるため
周辺にはホテルが多く絶好の観光地となっている。
元々は潮干狩りなどに利用されていたが「道の真ん中で手をつないだカップルは結ばれる」
と口コミで噂が広がり、恋人の聖地、縁結びスポットとして
小豆島のパンフレットにも載る観光地となった。

小豆島エンジェルロード・香川県

 

高千穂峡:宮崎

高千穂峡:宮崎

真名井の滝(まないのたき)は、高千穂峡の川幅が狭まった部分に流れ落ちる滝である。
日本の滝百選の一つ。
峡谷の崖上は自然公園となっており、その中にある「おのころ池」より流れ落ちる水が真名井の滝となっている。
神話によれば天村雲命(あめのむらくものみこと)という神が天孫降臨の際に、この地に水がなかったので水種を移した。
これが天真名井として湧水し、滝となって流れ落ちているといわれている。
夏季は午後10時まで滝周辺がライトアップされ幻想的な雰囲気を出している。

高千穂峡:宮崎1

 

神の子池(かみのこいけ)・北海道

神の子池【北海道】

水の透明度は高く、池に沈んだ倒木が水の底に横たわる姿がはっきりと見える。
天候にもよるが、水面がエメラルドブルーに見え、神秘的な雰囲気を漂わせる。

「死ぬまでに行きたい日本の絶景【15カ所厳選】」の続きを読む…

旅行