歴代jリーグ選手の年俸ランキング!ベスト11を発表!2015年版

2015年も本格的に動き出し、いよいよJリーグもシーズンとなって来ています。

ここで歴代jリーグ選手の年俸ランキング!ベスト11を発表!

2015年版と言う事で2014年内のjリーグの年俸のベスト11を行ってみたいと思います。

 

とは言え、同着の方が多いので、

ベスト11と銘打ちながらも14人いるという結果になりました。

soccer

 

確認ですが、同じ年棒の選手もいるので、同じランキングの選手が被っています。

そこは注意してご覧ください!(*´ω`*)

 

第1位:ディエゴフォルラン

s1

ウルグアイ代表FWのディエゴフォルラン選手です。

所属チームはセレッソ大阪、1979年生まれの35歳、

通算26試合7得点で年俸3億4650万円となっています。

 

フォルラン選手はリーガ・エスパニョーラ在籍中に得点王を2度獲得しています。

ワールドカップの南アフリカ大会においては得点王とMVPとなっています。

 

しかしセレッソ大阪が2014年にJ2降格が決まり、

フォルランは7月までの契約更新の際には再び

J1昇格を目指す事を宣言していました。

 

「歴代jリーグ選手の年俸ランキング!ベスト11を発表!2015年版」の続きを読む…

2014年Jリーグ選手の得点ランキングまとめ!歴代選手と比較!

2014年の得点王は、川崎フロンターレーの大久保嘉人選手の18点でした。

Jリークが発足した時は僅か10チームでスタート。

当時の歴代得点王との比較は難しい部分もあります。

それは得点の数が少なくなってきています。

SOCCER01

キング・カズや、ゴン中山の時は、

今の倍の得点をあげない得点王に輝く事は難しかったです。

Jリーグが発足して20年が経過しました。今はJ2でも盛り上がる時代です。

Jリーグ発足当時には考えられない事でした。

暫くサッカーのブームが続きましたが、

その後再びプロ野球に人気を持っていかれます。

 

松坂大輔投手が西武に入団した頃です。今から18年前の事です。

松坂大輔投手は、高卒ルーキーながら最多勝を獲得し

松坂フィーバに完全にJリーグは美味しい所をさらわれました。

しかし、Jリーグを救ったのは日韓ワールドカップです。

「2014年Jリーグ選手の得点ランキングまとめ!歴代選手と比較!」の続きを読む…